wordpressにアップロードした画像からExif情報を削除する

Web上に画像をアップロードする際にはExif情報を削除した方がいいです。
インターネット・個人情報・怖い!

しばらくExif情報を消すこと無くこのサイトの下書きをしていたので、それの削除をしました。
その方法についてメモしておきます。

jheadによるExif削除

jheadというコマンドをインストールして既にアップロードしてしまった画像からExif情報を削除をします。
jheadはExif情報を元に画像ファイルを操作出来るコマンドです。

CentOSではRPMforgeからインストールできます。

# yum –enablerepo=rpmforge install jhead

exif情報の削除は以下のコマンドで行います。

$ jhead -purejpg [files…]

filesはスペース区切りでも、ワイルドカードでも指定できます。

すでにwordpressにアップロードした画像ファイルからExif削除

wordpressにアップロードした画像は”wp-content/uploads/”にあります。

ここにあるjpegファイルすべてからExif情報を削除します。

$ find -name ‘*.jpg’ -exec jhead -purejpg {} \;

Webサーバ実行者とファイルの所有者が変わってしまった場合、chownで所有者をもとに戻しておきます。

$ find -name ‘*.jpg’ -exec chown [user] {} \;

これで、wordpressにアップロードされた画像からExif情報を削除出来ました。

wordpressにアップロードするときにExif削除

毎回こんなことをするのはめんどくさいので、アップロードするときにExif情報を削除しておきます。

今回はEXIF Remove using ImageMagick Settingsを使うことにしました。

ImageMagickを使ってアップロード時にExif情報を削除してくれます。

サーバにImageMagickがインストールされていない場合には

# yum install ImageMagick

でインストールできます。

まとめ

wordpressにアップロードされた画像からExif情報の削除をしました。
さらに、EXIF Remove using ImageMagick Settingsを使ってこれからアップロードされる画像からは自動でExif情報を削除出来るようになりました。

どうせImageMagick使うならjheadインストールしなくても良かったかもしれなかったなぁ。。。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+